• ホーム
  • 黄色いおりものが出たら膣トリコモナス症かも

黄色いおりものが出たら膣トリコモナス症かも

2020年01月09日

もし、黄色いおりものが出たら膣トリコモナス症の可能性があります。そのような場合は病院で検査を受けましょう。この症状は不妊症の原因にもなるため、感染した場合は早めの対応が大切です。罹患しているか否かの検査は、綿棒で尿や膣分泌物を採取して行います。

この症状は原虫が性器の中に入り込んで炎症を起こす疾患で、女性の5人に1人は発症すると言われています。感染する原因は主に性交渉ですが、下着やタオル、便器、浴槽などから感染する場合もあります。膣トリコモナス症の原因となる原虫は乾燥に弱く、水中では活発になる特徴があります。そのため、浴槽を介して家族で感染してしまうケースもしばしば見られる疾患です。

他の性感染症と比べて感染する年齢層は幅広く、若年層から中高年まで感染者がいる疾患です。潜伏期間はおよそ10日前後と言われています。女性が膣トリコモナス症になると黄色いおりもの、かゆみなどの症状が出ます。性交渉によって男性に感染した場合は尿道炎の症状が出ますが、女性が感染した場合と比べると自覚症状は少なめです。男性が罹患した場合、検出が大変難しい疾患でもあります。そのため、性交渉の相手となる女性が膣トリコモナス症に感染した場合は男性側も治療を受けたほうが良い場合もあります。

予防策としてコンドームを使用することによって性交渉時の感染予防にはなりますが、感染した場合は、基本的に完治するまで相手への感染を防ぐため性交渉は控えることが望まれます。この病気の治療にはフラジールが用いられます。フラジールは主成分がメトロニダゾールの治療薬です。女性の場合、メトロニダゾールを経口投与と膣錠による局所療法、男性の場合は経口投与で服薬します。一般的に膣トリコモナス症の治療期間は7日~10日程度であり、若年層から中高年まで幅広く罹患リスクがあります。

膣トリコモナス症は性交渉での感染率が高い疾患であるため、治療は感染者本人とともに性交渉の相手に対しての治療も徹底して行うことが大切です。国内での膣トリコモナス症感染者は減少傾向にあります。その一方、再発を繰り返す人は増加しています。治療によって症状が無くなっても腟トリコモナス症の原因となる原虫は完全に死滅していない場合も多く有ります。

そのため、一度でも膣トリコモナス症に感染した場合は、再発しないように気をつけましょう。仮に治療によって原虫が死滅した場合でも性交渉によって相手から再度感染してしまう場合もあります。

関連記事
ヘルペスはバルトレックスという治療薬で治せる

ヘルペスを治療するためには、バルトレックスという治療薬が有効です。この薬は有効成分がバラシクロビルで、ウイルスが増殖するために必要なDNAの複製を阻害する効果を持っています。この効果により、ヘルペスウイルスの増殖を抑えることができるため、ヘルペスの治療として第一に用いられる機会も多い治療薬です。ヘル...

2019年12月01日
尖圭コンジローマは手術をしても再発してしまう性病

尖圭コンジローマは生殖器とその周辺に発症する性病で、20代の男女に多く見られます。性器へのHPV6型、11型の感染が原因で起きる性病で、一定の潜伏期間を経てから発症するのが特徴。この病気に感染すると、3週間から8ヶ月の潜伏期間を経て性器や肛門の周辺にトサカ状やカリフラワー状のイボができるのです。その...

2019年12月10日
ヘルペスよりも圧倒的に患者数が多いクラミジアとは?

ヘルペスよりも圧倒的に患者数の多い性病がクラミジアです。罹患したことが無くてもその名前は聞いたことがあるのではないでしょうか。この病気は一般的な細菌感染が原因の性病です。主に性的な接触が原因となり感染する性病で、感染者の多くは10代~20代の若者です。感染したら早期に治療するのが望ましいのですが、自...

2019年12月06日
ゾビラックスという治療薬でもヘルペスは治療可能

バルトレックス以外だと、ゾビラックスという治療薬もヘルペスに対して効果があります。性器ヘルペスの再発抑制にも効果があるのが特徴です。この薬は日本では1985年に発売されたもので、基準名はアシクロビル錠といいます。バルトレックスの有効成分はバラシクロビルですが、有効成分はアシクロビルです。効果はバルト...

2019年12月03日